交通事故の慰謝料とは

交通事故で支払われる慰謝料は、身体、物、そして最も大きい面として精神的な苦痛に対する損害賠償で、法律でも定められています。
種類や額に関してですが、先に交通事故に対する慰謝料の種類を知っておきましょう。


種類は「自賠責基準」「弁護士基準」「任意保険基準」があります。
「自賠責基準」は自動車保険から支払われる賠償方法です。
「弁護士基準」は、裁判をしなくても、事例を基に弁護士が保険会社へ請求します。
「任意保険基準」はそれぞれの保険会社の契約に沿った金額が支払われます。


「自賠責基準」だけでは金額的に合わず少額だと感じる方は、ご自分の方から「弁護士基準」のために行動します。
弁護士を通すと他のよりも損害に対して最大の賠償を受けられます。


交通事故により入院の必要と後遺症をもたらす場合にも、慰謝料は必要に応じて変わります。
怪我への慰謝料は、入院や通院の日数に応じて支払われます。
後遺症の場合は等級に応じた額が支払われます。
慰謝料請求の前に後遺障害の認定を受けることが必要です。
等級は1級から14級まであります。


最悪の場合、交通事故で死亡した方には、ご本人と遺族へ支払われるものです。
ご本人の家族の中での立場により、慰謝料も変わってきます。
加害者側に大きな責任があり、不必要な交通事故のケースは、慰謝料が増額されます。


交通事故で被害を受けたら、すぐに慰謝料が支払われるように手配をしましょう。
慰謝料で精神的な苦痛が認められたことを自分でも認識できます。
医師と弁護士に依頼し、慰謝料請求できます。


☆特集
交通事故被害者の慰謝料に関する弁護士無料相談サイトです ⇒ 交通事故被害

Copyright © 2014 交通事故と慰謝料 All Rights Reserved.